コラム

台湾豆知識 ▽漢方で涼を求めよう!暑さしのぎに青草茶▽

5月になると、台湾はもうすっかり夏模様です!
強い日差しに喉も乾きやすくなるこの時期になると、                                                               ▼夜市の青草
台湾の人々が暑さ凌ぎに飲むのが「青草茶」という飲み物です。

青草茶は漢方の効能がある草を乾燥したものを煎じつめ、
砂糖やハチミツを加えたものを、水で薄めたものです。
漢方と言えば苦く、飲みにくい薬を連想させられますが、
青草茶は口当たりも爽やかで、夏バテ防止の効果もあります。
青草茶の起源は中国の華南地方で、台湾ではさらに原住民に伝わる薬草
も加えられることがあります。その処方はお店や家庭、地方によって異なり、
原料となる薬草は二百種類にも及び、よく使われるものでも百種類にもなります。

そのなかでも以下の薬草が主に使われます。

イノモトソウ体の熱を取り払う、利尿効果、咳止めや腸炎、腹痛の解消、また熱中症による下痢や血尿に効果があります。

オオバコ体の熱を取り払う、目明し、解熱、利尿作用。

ノミノフスマ体の熱を取り払う、利尿やむくみの解消、風邪の際の解熱。

イタチガヤ体の熱を取り払う、利尿、暑気払いの効果。通常乾燥したものを用いる。

ドクダミ解毒、利尿、むくみの解消、食欲促進など。

ハッカ発汗、鎮静、疲労解消の効能があります。

苦味と爽やかさがくせになる青草茶、気軽な漢方薬の入門編としてもうってつけです。
夜市でも屋台でよく見かけるので、飲み比べてみて、お好みの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか。