ニュース

異なる創作素材の融合 ジュエリーの新たなイメージ  台湾コンテンポラリージュエリー展in伊丹

2018/04/04

伊丹市立工芸センター

    伊丹市立工芸センターが、国立台湾工芸研究発展センターを通じて台湾の現代ジュエリーデザイン工芸家を招待し、館内にて「跨界。美學(クアジェ。メイシュェ)台湾コンテンポラリージュエリー展(Intermedia & Aesthetics Taiwan Contemporary Jewelry Exhibition)」を開催します。

会期は4月14日から6月3日まで、素晴らしい作品が展覧会を彩ります。

   今回の展覧会では台湾でクラフト創作と教育に携わる工芸家、さらに国際で活躍する新鋭が招待され、出展作品はジュエリーの既存のイメージを打破し、宝石または貴金属といった制限がありません。生活の経験を活かして、ジュエリーにより生活の中の様々な可能性を模索し、創作素材の制限を受けず、工芸家たちが自由な発想、独特なアイデアやデザインコンセプトを大いに発揮させ、台湾の「跨界。美學(クアジェ。メイシュェ)」を表現し、台湾の工芸力及びデザイン力を披露することで、現代ジュエリーに異なる表情をもたらします。

   今年の展覧会には王梅珍、王意婷、江怡瑩、呉淑麟、呉竟鋕、呉禮竹、易佑安、林蒼玄、紀宇芳、陳映秀、陳郁君、陳國珍、陳愷靜、葉玟妙、歐軍佑、謝侑勳、謝旻玲、以上17名の台湾の優秀な工芸家が出展します(名前の筆画順)。各工芸家の独特の表現により、皆さんに異なる台湾現代の「アートジュエリー」の表現を伝えることを期待できるでしょう。

   直に台湾の輝かしいジュエリーの美学を体験できる展示会です。本展は日本の展覧期間終了後、7月7日から9月9日まで、国立台湾工芸研究発展センター 台北ブランチにて展示されます。

【伊丹市立工芸センター】

月曜休館(祝日の場合は翌日)、10:00~18:00(入館は17:30まで)、入場無料

所在地:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28

TEL  :072-772-5557

FAX  :072-772-5558

<交通案内>

阪急電車:神戸線塚口駅乗り換え 伊丹線伊丹駅下車 北東へ徒歩約9分

JR   :宝塚線伊丹駅下車 北西へ徒歩約6分

阪急 バス:伊丹中央停留所下車 北へ徒歩約3分

※駐車場はございません

【国立台湾工芸研究発展センター 台北ブランチ】

WEB   : http://taipei.ntcri.gov.tw


Facebook: https://www.facebook.com/taipei.ntcri

【ニュースに関するお問い合わせ】

ニュース連絡担当者:

国立台湾工芸研究発展センター 台北ブランチ 呉美燕

電話:02-2388-7066 #123

   0918-456615


ワイ博国際有限公司 張維倩

電話:02-2729-2200 #13

業務運営担当者:

国立台湾工芸研究発展センター 台北ブランチ 潘玉潔

電話:02-2388-7066 #122